電報事情の昨今

以前は電報というと緊急連絡の手段として大いに利用されたものですが、今や電話やネットによっていつでもどこでも連絡が取れるようになりそういった面での需要はほとんどなくなってしまいました。

現在の電報の役割

電報は今や、電話やメールの普及によってその緊急連絡手段としての地位を失ってしまいました。
昔の映画やドラマであるような緊急事態を知らせる場面も、現在では電話が使用されています。

気持ちを伝える

では電報はもう必要のないアイテムなのかというと、最近ではコミュニケーションの手段の一つというかたちで利用されるケースが多くなっています。
昔のような紙切れ一枚に書かれたメッセージというものではなく、品物と一緒に届けるというのが現在の電報です。

ポストカードは今でも愛用されている
ポストカードのようなオシャレな台紙とともに、ぬいぐるみや人形、フォトフレームやブリザーブドフラワーが電報として届けられるのです。
電報というよりも、むしろプレゼントに沿えるメッセージカードといった感覚でしょうか。
選べるギフトの数も種類も豊富ですから、冠婚葬祭すべてのシーンで利用できます。
普段の生活において電報に接する機会はあまりありませんが、だからこそ特別な場合のメッセージは嬉しいものです。
電報とギフトの組み合わせというと金額が高いように思う人もいるでしょうが、電報を取り扱う会社と配送会社、さらに結婚式場などがそれぞれ連携しているためにリーズナブルな料金で利用することができるのです。
「あっ、お祝いを送るのを忘れていた」といったケースでも、最短で申し込みから数時間でのお届けも可能とのことですよ。

また電報は現在、結婚式での祝電や葬儀の際の弔電といった儀礼的な際に使用されることが大半となっています。

スマホなどの普及により昔のようなポスト利用は減っているのだが..
そして昔のようにただメッセージが書かれた台紙が届くのではなく、状況に応じて人形やぬいぐるみ、プリザーブドフラワーなどとともに電報が送られるケースが増えています。
電報を送る際に掛かる費用は、基本的に文字数で決まります。
25文字までは基本料金で、それを超えると5文字増えるたびに料金が加算されます。
しかし前述したように今ではメッセージだけを送るケースはほとんどないので、メッセージ料金に台紙代、オプション代を足したものが「電報代」となってきます。
したがって、選ぶ台紙やオプションによっては一万円を超える電報もあり得るというわけです。
ただ、申し込みにインターネットを利用すると文字数制限が大幅に大きくなり数百文字まで一律料金といったサービスもあるので、有効に利用したいものですね。

電報の進化

電話やメールによって即時に連絡が取れるようになったことで、電報の利用は一時かなり減ってしまいました。
しかし最近では再び電報に注目が集まり、利用されることも多くなってきたのです。

コミュニケーションの手段

その理由は、電報をこれまでの連絡手段としてのみでなく、コミュニケーションやメッセージを送る方法として利用されるようになったからです。
最近の電報では、文字だけが書かれた台紙ではなくポストカードのようなオシャレな台紙も選ぶことができます。
さらに、ぬいぐるみや人形、フォトフレームにプリザーブドフラワー、置物など、さまざまなアイテムと一緒にメッセージを届けることができるのです。

新郎新婦を模したバルーンによる電報も人気
結婚式では、ハートや新郎新婦を模したバルーンによる電報も人気があります。
いろいろなキャラクターとコラボした「キャラクターからのメッセージ」というものなら、小さいお子さんの誕生日や入園・入学祝いに利用すれば非常に喜ばれることでしょう。
中にはカタログギフトの電報を扱う会社もあり、さまざまなシチュエーションの応じて利用できます。
このように今や電報は単なる連絡の手段として送るのではなく、プレゼントやお祝い品として利用されるようになっているのです。